自衛官入学拒否問題

最終更新日: 4月 4, 2021 @ 10:31 PM

自衛官入学拒否問題は、「学問の自由」侵害を日本の大学会・学術界そして憲法学会が率先して行ってきた、闇です。東大を頂点とするわが国の憲法学会が根底から覆る大問題です。この人権侵害を許してはならず、また関係者らの総括を求めます。
こちらも一部の人たちがフェイクだと騒いでいます。確かに現在では自衛官の国公立大学入学が認められた例はありますが、全大学・全専攻で解禁された証拠はなく(今でもスタッフや情報提供者からは事実上締め出しの大学があるという情報を得ています)、過去には厳然とした入学禁止声明が堂々と謳われていたのです。

信州大学大学院で自衛官等入学拒否!自衛官入学拒否は現在でもある!

信州大学大学院(総合理工学研究科修士課程)において、自衛官・予備自衛官・米軍基地職員などが入学拒否されている現状が明らかになりました。

https://www.shinshu-u.ac.jp/graduate/scienceandtechnology/d3216d778333fdcb0afac837f6150a8f_1.pdf

↑信州大学大学院総合理工学研究科修士課程の募集要項(2021年4月入学) p14です
紛れもない、憲法の「法の下の平等」「学問の自由」侵害です。

もちろん、日本学術会議や軍事研究禁止と深い関係があります。

大学の自衛官入学拒否問題は、昨年10月の日本学術会議の問題で大きくクローズアップされました。
反対派たちは慌てて、フェイクニュースだ、過去の話だ、と言い逃れをしました。
しかし、現在でも行われていました。
しかも大学労組とか生協ではなく、大学公式見解ですので言い逃れはできません。

新たな差別が性懲りもなくされていました。闇は深いです。

信州大学の良識ある先生方、学生さん、OB/OGの方々、どう思われますでしょうか?

「正論」 2020年12月号に日本学術会議の特集に並び、自衛官入学拒否の記事が掲載されました


https://seiron-sankei.com/11912

特集 学術会議を廃止せよ
現行憲法並みに有害無益 櫻井よしこ
「核ごみ問題」解決を悩ませた提言 産経新聞論説委員 長辻象平
「学者の全人代」こそ学問の自由に介入 掛谷英紀
共産党の「権威団体」 篠原常一郎
メディアが黙する共産党の影   大和大学准教授 岩田 温
毎日新聞よ、自衛官「入学差別」はあった! 本誌編集部

下記資料は当会スタッフの愛知学ことメレディス (twitter:@jmeredith1987)が作成。

令和元年10月5日、NPO法人・孫子経営塾にて行った講演会資料を基に再編集。