令和2年度事業会計報告&賛助会員募集!

ご署名くださった皆様方。代表です。

政府の緊急事態宣言は解除されましたが、コロナウイルスの感染者は徐々に増加傾向にあり、警戒は怠れません。
感染された方、コロナ禍で生活苦にある方々に心よりお見舞い申し上げます。
皆様方、いかがお過ごしでしょうか。

本日より新年度です。新生活のスタートということで、急な生活の変化のある方も多いかと思います。
新たな門出をお祝い申し上げます。

さて、用件は2件です。

1件目。令和2年度の会計報告をホームページにアップしました。
http://liberty-and-science.org/settlement/

結論から申し上げますと、年間5万円程度の赤字でした。
しかし、賛助会員の方々の財政的ご支援、特に94,681円のご寄付をくださった賛助会員のY様のお力添えがなければ、さらに赤字は膨らんでいました。
Y様にはこの場をお借りして、改めて御礼申し上げます。
本当に心より感謝申し上げます。

また赤字が大きく膨らんだ原因として、支出項目⑥のyoutubeチャンネルという聞きなれない言葉がありますが、4月末を目標に、youtubeでVtuberを使った防衛研究の問題をめぐる動画をシリーズで作成してアップを開始していく予定です。

どうしてもこの運動は保守層、国防に理解のある方々、どうしても少数派になりがちです。それを、ノンポリ、一般人向けにわかりやすく伝える手段を計画しています。
女性イラストレーターに描いてもらったキャラクターを、Live2Dというソフトでアニメ化し、ナビゲーターとして解説してもらう構成です。
秘密裏にフリーランスの声優さんとも打ち合わせを進めています。
高額な出費ではありますが、我々の戦いの最大の壁は、もはや反対派などではなく、世間の無関心です。世間の認知を高める必要があり、考えた末に準備しております。
どうかご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

4月末、ゴールデンウイーク前には動画を公開するつもりです。
もちろん、適宜、追加で動画をアップしていく予定です。
どうかご期待ください。

2件目。賛助会員の方々を改めて募集いたします。
以前もお伝えしましたが、慢性的赤字体質・代表の個人資産穴埋め脱却のため、当会では賛助会員様を随時募集しております。
昨年9月に募集を開始して、現在25名様の賛助会員の方々がいます。
しかし、まだまだ足りません。100名様を目標に募集をかけております。会員様には、少しだけ特典があります(秘密)。

ワンクリック(paypal)で月々200円。いつでも退会できます。
http://liberty-and-science.org/fund/

賛助会員25名様の現在、年間で44,100円 (25名 x 12ヶ月 x 147円(200円の会費のうちpaypalの手数料53円を差し引いた))の収入があります。
今後、動画の作成など事業拡大を図ることを考えますと、100名様の援助をいただきたく存じます。
100名様がそろいますと、年間176,400円の収入となり、事業も拡大し、赤字体質脱却が可能になります。

大変厚かましいお願いであると、重々承知しておりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

用件は以上です。

本日4/1に今年度科研費の審査結果が出たと聞き及んでおります。
特に大学教員の先生方にとって、研究資金の問題は人生がかかっております。防衛装備庁の研究助成金を、自由に受けられるよう私もスタッフも闘っておりますが、今後も皆々様方のお力添えを賜れば幸いでございます。
また、後述のとおり、日本学術会議署名がちょうど5,200名に達しました!今後も頑張ってまいります。

代表

***私たちの仲間にようこそ!心より感謝申し上げます!

2017年2月12日に活動開始しまして4年が経ちました。
大学署名累計4,513筆(前回3/21配信から3筆追加)、日本学術会議署名で累計5,200筆(前回3/21配信から3筆追加)のご署名がありました。新規にご署名くださった方々、ありがとうございました。ともに戦ってまいりましょう。今年も増やしてまいります!

日本学術会議署名は5,200筆に達しました!

※途中辞退者(署名趣旨間違い、身バレ困る等の諸事情により申し出あった方々)を除く
今までも、大学関係者など(同姓同名もあるでしょうけれど)数多くのご署名をいただき、本当に感謝しております。

当方では皆様方のメールアドレスは管理しておりません。この一斉送信だけが皆様方との絆です。
ご意見などありましたら、お気軽にメールをください。

***2大署名を今後ともよろしくお願いいたします

①「すべての大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  
http://chng.it/66tVw6rZ
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  
http://chng.it/cSJq7nbq

他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter
https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy

自由と科学の会  防衛研究の自由を求めます!
http://liberty-and-science.org/

賛助会員募集中!現在25名様ご登録!(目標100名様)Paypalで月々200円!現在赤字での活動にどうかご支援を!
http://liberty-and-science.org/fund/

ご提言・情報・ご意見・アイデア・取材依頼などは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。
特に大学関係者の方からのご意見や、安全保障技術研究推進制度にまつわる体験談などをお待ちしております。
メール info★liberty-and-science.org (★を@に変えてください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA