技術成熟レベル(TRL) & 天文学の皮肉な汚点 & 現状報告

賛同して下さった皆様方(日本学術会議署名、国公立大学署名、北朝鮮署名)防衛研究推進を求める自由市民の会代表です。
用件は3件です
1件目。技術成熟度(TRL)について いずれ新ホームページ立ち上げの際には書きますが、先んじて皆様方に知っておいてほしいことがあります。 科学研究には技術成熟レベル(TRL)という概念があります。 NASAによって提唱・採用された概念で、TRL1が最も基礎的な研究、TRL9が最も実用的な研究です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%88%90%E7%86%9F%E5%BA%A6%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB

イメージ 1

 防衛装備庁でももちろんその考えは採用しております。↓防衛装備庁資料「研究開発・技術戦略について」4枚目(ページ番号3)をめくってください。
https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/bouei_gijutsu/sonota/02_a.pdf
 防衛装備庁・防衛省はTRL1から9までのレベルの研究を統括し、防衛装備品の開発を行っています。 そのうち、大学に研究助成をする安全保障技術研究推進制度はTRL1~3程度です。 TRL1~3程度の研究は本当の基礎で、もちろん防衛装備品の開発につなげる意図があるとはいえ、研究テーマは「外れ」かもしれないし、もしかしたら論文公開された研究テーマが後々に、民生転用されるかもしれない。 またTRL1~3程度の他の大学や、NEDO・農水省などの研究助成によって行われた研究が、防衛装備品の開発に応用できるかもしれない。 本当にわからないのです。
 研究資金の「入口」に反対派がこだわっていますが、如何にばかげた主張かお分かりになりますよね。

2件目。天文学発展を40年遅らせた大スキャンダルについて
2年ほど前から、NHKで放送されている「フランケンシュタインの誘惑・闇の科学史」という番組をご存知でしょうか?原子爆弾、ナパーム弾など、科学技術の闇の側面を抉り出す力作で、最近再放送がされています。初回放送時には我らが敵・軍事研究反対派である池内了先生のご高説を聞くことができたのですが、再放送では対談はカットされたのが残念です。
去る6月20日に再放送されたものを視聴しました。非常に興味深かったです。「握り潰されたブラックホール」↓NHKオンデマンドでも視聴できますhttps://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019098975SC000/index.html?capid=nol_4_P3442
1930年代のイギリスで天文学の権威といわれたエディントン博士が、自分の権威を嵩に着て、自分の理論を破綻させかねない若き天才(しかも有色人種として見下していたであろう植民地インド出身)のチャンドラセカール博士の予言したブラックホール理論を握り潰すという話です。40年も天文学を遅らせたとのことです。学会の権威者が、自分の歪んだ考えで、科学を捻じ曲げる。まさに池内了先生など軍事研究反対派が実行していることです。私は初回放送は見逃してしまったのですが、池内了先生も出演されています。↓
http://g-gendai.co.jp/tv/%E6%8F%A1%E3%82%8A%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB/池内了先生は、宇宙物理学者・科学史家にして、番組でご高説もされていたようです。ならばなお一層、言い逃れは許されません。「学会の権威」が「異論を封殺する」ことで、「科学技術を遅滞させる悲劇」を最もご存じなのは、ほかならぬ池内了先生です。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

3点目。現状報告について皆様方には前回のメール配信でお伝えしましたが、夏をめどに基本戦略や署名改定、ホームページ作成を進めています。本日もスタッフと打ち合わせをしていました。まったく進んでいないのですが、とりあえず、URLだけは取得したのでお知らせします。http://yes-defense-research.org/ (工事中)

これから本格的な夏になります。また、九州地方などでは豪雨の恐れとのこと。被害のないことをご祈念いたします。ご自愛ください
代表
*********************************三大署名を今後ともよろしくお願いいたします
①「すべての国公立大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  https://goo.gl/BJEqSf
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  https://goo.gl/bu1aXd
③「日本学術会議は、一部の大学研究者による「北朝鮮兵器開発幇助疑惑問題」について、全ての大学に調査追求し、再発防止に努めるよう勧告してください」  https://goo.gl/1KS9rv
他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。Twitter https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudyブログ http://blogs.yahoo.co.jp/yes_defense_research  (今年12月で閉鎖とのことなので、以下に移転作業を進めています)http://yes-defense-research.org/   (整備中)
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。メール info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA