年末のご挨拶

賛同して下さった皆様方(日本学術会議署名、国公立大学署名、北朝鮮署名)防衛研究推進を求める自由市民の会代表です。


用件は1件です。1年の振り返りと、年末のご挨拶になります。
 この一年間は、各方面の有能なスタッフが揃い、何よりも皆様方に支えられて、闘うことのできた一年間でした。 今年は8月に、75国公立大学学長宛に3署名10,000筆以上をご送付させていただき、また教員の先生方にもご送付させて頂きました。 数名の教員の先生方より、ご声援のメッセージも賜りました。 今まで反対派の独壇場・やりたい放題だった大学会に、「推進派の存在」をアピールできた、一矢を報いるという点では成功だと思います。 ここまで来れましたのも、皆様方のおかげであり、心より感謝申し上げます。
 しかしながら、大学の先生方の間での我々の評判を聞いていますと、「主張はわかるが、正体不明のどうも怪しい団体。ネトウヨ?」というのが多いそうです。 それも仕方がありません。 また、圧倒的に強大な敵である反対派市民団体からも相手にされていないのが現状のようです。
 まだまだ勢力拡大や一般受けする戦略など、課題は山積しております。
 これから来年にかけては、「勢力拡大」「一般受けする戦略転換」を実行してきます。 スタッフ間で協議中であり、詳細はまだ申し上げられません。また、代表も仕事の繫忙期が続いており、あと数か月は大規模な行動は難しいです。 その間、水面下で協議・研究・理論武装などを進めていきます。
 また皆様方に恐れながらお願いですが、皆様方も各自で、安全保障や軍事、学術に関するニュースをチェックしていただき、また、反対派のサイトもご覧になっていただき、忌憚のない情報提供や意見を弊会宛にください。  http://no-military-research.jp/ 軍学共同反対連絡会 ↑こちらが、反対派の主張・動向が良くまとまっています。
 どうか、その間お待ちいただければと存じます。
 よいお年をお迎えください、と言いたいところですが、皆様ご承知の通り世界情勢はますます混迷の度合いを深めております。  きな臭くなる日本周辺の安全保障環境や、増加する一方の自然災害。また、日本の科学技術力低下も悩ましいところです。
 しかしながら、苦境を克服し希望に満ちた時代は、上から与えられるのではなく、国民一人一人、そう皆様方含む我々の行動にかかっています。 あきらめることなく、苦難を超えて希望に満ちた来るべき新時代・新年を創っていきましょう!
 それではよいお年を! これからも変わらぬご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
  防衛研究推進を求める自由市民の会 代表

*********************************署名活動続々ラインナップ!①「すべての国公立大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  https://goo.gl/BJEqSf
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  https://goo.gl/bu1aXd
③「日本学術会議は、一部の大学研究者による「北朝鮮兵器開発幇助疑惑問題」について、全ての大学に調査追求し、再発防止に努めるよう勧告してください」  https://goo.gl/1KS9rv
他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。Twitter https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudyブログ http://blogs.yahoo.co.jp/yes_defense_researchご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。メール yes_defense_research★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 又は  info★yes-defense-research.jp (★を@に変えてください) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA