日本学術会議署名送付完了

防衛研究推進を求める自由市民の会代表です。
日本学術会議宛の山極会長宛てに挨拶状と、署名簿三種類(日本学術会議防衛研究署名、国公立大学署名、北朝鮮署名)を送付完了しました。・日本学術会議防衛研究署名 約4200筆 https://goo.gl/bu1aXd・国公立大学防衛研究署名 約3700筆  https://goo.gl/BJEqSf・日本学術会議北朝鮮署名 約2800筆  https://goo.gl/1KS9rv
以下は添付の挨拶状です。これからも、ガンガン各所を攻めていきます。


平成30年4月15日日本学術会議会長 山極 壽一 様防衛研究推進を求める自由市民の会代表 ●●●●謹啓 陽春の候、貴下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 さて、この度はいきなり荷物をお送りするご無礼をお許しくださいませ。 昨年3月に、弊会では貴会議の大西会長様(当時)や山極委員様(当時)をはじめ、「安全保障と学術に関する検討委員会」各位に対し、約3000筆(当時)の署名簿「日本学術会議は全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」をご送付させていただきました。 その後、貴会議ではご承知のとおり、昨年3月7日付で「軍事研究禁止声明」を1950年、1967年に引き続き出されました。弊会としては、非常に残念でございます。 さらに加え、昨年10月に会長にご就任されました山極様は、全大学統一の「軍事研究禁止ガイドライン」「軍事研究禁止倫理規定」の策定に向けて行動されるということを、昨年末の各種報道で存じ上げております。 弊会としては、「ガイドライン」「倫理規定」の策定には強く反対します。 同梱の署名で詳細に述べておりますが、大学が研究者に対し軍事研究禁止を強制することは学問の自由の侵害であり、工学部系教員の研究の自由を剥奪する、許されない行為です。それに飽き足らず、全大学統一のガイドライン・倫理規定を策定する事は、論外としか言いようが無い愚かな行為です。 弊会としては、引き続き署名数を増やし、大学・官公庁など各方面に意見を届け、物言うことを許されぬ工学部系研究者の自由を求めて、貴会議と闘わせていただくことをお誓い申し上げます。 日本学術会議宛て(約4200筆)と、全国公立大学宛て(約3700筆)の防衛研究の自由を求める署名を添付し、抗議の意思を示させていただきます。 さらに弊会は、一部大学に在籍している(いた)外国人教員による北朝鮮兵器開発幇助疑惑を追及する署名(約2800筆)も併せてご送付させていただきます。 さらに今後、貴会議に対し、別途の署名活動も開始する予定でございます。 どうか部外者である文系・理学部等ではなく、当事者である工学部系のご意見を深く広くお聞きになって下さい。 貴会議が真の意味で公平と正義、真理と英知を追求される御意志を示されることをお願い申し上げます。そのために、弊会としては、貴会議に対し継続して意思を示させていただきます。 ご多忙の中、失礼いたしました。今後ともよろしくお願い申し上げます。謹白


イメージ 1

今後とも闘っていきます!!


署名活動続々ラインナップ!
①「すべての国公立大学は、防衛研究(軍事研究)の自由を保障してください」  https://goo.gl/BJEqSf
②「日本学術会議は防衛研究(軍事研究)禁止声明を撤廃、ガイドライン・倫理規定・審査規定の策定を中止し、全大学に防衛研究の自由を保証するよう勧告してください」  https://goo.gl/bu1aXd
③「日本学術会議は、一部の大学研究者による「北朝鮮兵器開発幇助疑惑問題」について、全ての大学に調査追求し、再発防止に努めるよう勧告してください」
https://goo.gl/1KS9rv
④(日本学術会議宛・近日中に開始予定)
他の署名への署名・拡散のご協力もお願いいたします。
Twitter https://mobile.twitter.com/YesDefenseStudy

ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/yes_defense_research
ご提言・情報・ご意見・アイデアなどは、お気軽に下記のアドレスまでメールください。今後の運動の参考にさせていただく場合もございます。メール yes_defense_research★yahoo.co.jp (★を@に変えてください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA