3/7会議で新声明案取りまとめ 従来声明継承の方向

 昨日3/7の会議で、新声明案が取りまとまられました。 従来の軍事研究禁止声明を踏襲するというものですが、判断は各大学にゆだねるという玉虫色(日本型体質らしい)ものに決まりました。 4月の総会で決を採り、正式に採択される見込みです。これを阻止するのは困難と思われます。
 ただ、新声明案の原文も入手しておりませんので、コメントは難しいです。 また、昨日の会議の議事録が公開されていない(数日で公開されると思われます)ため、我々の署名が議題に上ったかは不明です。
 皆様方のおかげで、ここまで戦ってこられました。本当に感謝の言葉しかありません。
 これからの事ですが、おそらく日本学術会議の新声明は何年も見直すことはないと思われます。 長期戦になります。日本学術会議を所管する内閣府などに署名を送り続けることを考えています。外堀から埋めて、骨抜きにしてやりましょう。 引き続き3/31までに5000を目指して継続します。 また、反対派は新声明を勝利ととらえ、各大学により一層研究禁止の圧力をかけてくると思われます。 引き続きよろしくお願いします。
↓は産経新聞の記事ですhttp://www.sankei.com/life/news/170307/lif1703070039-n1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA